太陽光発電費用とメリット

家

工事・設置費

最も費用がかかる部分です。工事設置費用は設置場所や面積によって変動しますが目安としては1kWあたり40万円ほどになります。

定期メンテナンス代

定期的に施工会社にメンテナンスを依頼することが必要です。こちらも販売施工会社によって値段は変わりますが、無料で点検してくれるところもあれば一回数万円程度かかるところもあります。

修理費用

太陽光発電ではパワーコンディショナーやメーターの修理が必要になります。交換するタイミングは10年から15年に一回程度なので大きな出費にはなりませんが、設置後もかかる費用として考えておかなければなりません。

保証費用代

上記にあるメンテナンスや修理費用を無償でしてくれるように保証をつけることも可能です。その際に保証費用の延長代や、災害による保証などに代金がかかります。

太陽光発電の5つのメリット

どこにでも設置できる

太陽光パネルは庭、屋根、駐車場など基本的にどこにでも設置が可能です。また排出物や騒音が出ることもないので住宅街の中でも活躍してくれます。

電気料金を安く抑えることができる

一度、設置してしまえば寿命がくるまで電気を生み出してくれます。そのため太陽光パネルでの発電量で家庭の電気をまかない、電気料金を安く抑えることが可能です。

故障しにくく、長寿命

太陽光パネルには17年の法定耐用年数が適用されています。さらに技術の進歩で年々その寿命は長くなっています。東芝などメーカーによっても変わりますが、意外と故障はしにくいのも特徴です。

台風や地震などの災害時に停電しても安心

台風や地震などの災害があったときに停電することは度々あります。しかし、そんな時でも太陽光発電なら自立運転が可能で家庭で使う機器の電力を補うことができます。

余った電気は売ることも可能

太陽光発電で全て消費できずに余った電気は電力会社に売ることも可能となっています。そういった点でも太陽光発電を使用するメリットは大いにあります。

広告募集中