太陽電池の種類

パネル

シリコン系太陽電池

4つの種類のうちで最も流通しており、歴史が長い太陽電池です。シリコン(Si:ケイ素)を原料としており、国内メーカーだと東芝がシリコン系太陽電池を採用しています。

化合物半導体系太陽電池

4つの種類のうちでシリコン系太陽電池の次に一般的なタイプが化合物半導体系太陽電池です。製造コストがシリコン系太陽電池よりも安いのが特徴です。

有機薄膜太陽電池

この有機薄膜太陽電池は有機半導体を印刷機で薄く塗布して製造するタイプです。製造コストが最も安くなる可能性を持っていますが、まだ一般的な実用化は難しいのが現状です。

色素増感太陽電池

こちらの種類の太陽電池もシリコン系や化合物半導体系の原材料や製造コスト問題を解消するために研究が進められているタイプです。色素を選択できることで色とりどりの太陽電池を生産することも可能になります。

太陽光発電、運転開始までの流れ

計画・見積もり

太陽光発電を設置すると決めたら、家のどこに設置したいのか、どれほどの電力がほしいのか、予算はいくらかなどを詳しく決めていきます。

販売施工会社との相談・見積書受取

販売施工会社とさらに細かいことを話し合いながら実際の現地調査なども踏まえ、見積書を受け取ります。保証や予算分配の割合などに注意することも重要となります。

設置・施工

見積もりも終わり、契約も完了したあとに工事が始まります。製品の搬入に始まり、パネルの設置から屋内電気配線工事まで一週間程で全ての工程が終わります。

売電契約

太陽光発電で余った電気を売りたい場合は、電気会社と売電契約を行ないます。またあらかじめ電力会社に太陽光発電機設置の許可を取る必要もあり、施工が終わると電力会社の担当が確認にきます。

運転開始

これらの行程が一通り終わると、運転を開始することができます。設置するまでは大変ですが、一度設置するといくつものメリットがあるのが太陽光発電です。

広告募集中